Genome sequence and analysis of the Japanese morning glory Ipomoea nil

基礎生物学研究所の星野敦さんらとの共同研究の論文が出版されました。

Hoshino A, Jayakumar V, Nitasaka E, Toyoda A, Noguchi H, Itoh T, Shin-I T, Minakuchi Y, Koda Y, Nagano AJ, Yasugi M, Honjo M, Kudoh H, Seki M, Kamiya A, Shiraki T, Carninci P, Asamizu E, Nishide H, Tanaka S, Park KI, Morita Y, Yokoyama K, Uchiyama I, Tanaka Y, Tabata S, Shinozaki K, Hayashizaki Y, Kohara Y, Suzuki Y, Sugano S, Fujiyama A, Iida S, Sakakibara Y (2016) Genome sequence and analysis of the Japanese morning glory Ipomoea nil., Nature Communications, 7, 13295

アサガオのゲノム解読の論文です。詳しくは、基礎生物学研究所のプレスリリースをご覧ください。

朝日新聞、読売新聞、中日新聞、東海愛知新聞(すべて2016年11月9日)などで報道されました。

続きを読む

R パッケージ FIT: Transcriptomic Dynamics Models in Field Conditions

気象データからトランスクリプトームを予測するパッケージ
FIT: Transcriptomic Dynamics Models in Field Conditions
が CRAN 上で公開されました。

こちらからダウンロードできるほか、R の”install.packages()”コマンドを使ってもインストールできます。
詳細はマニュアル等ドキュメントをご覧ください。

2016/9/12 追記
Windows 上でインストールする際は、以下のように”–no-multiarch”オプションを付けてください。

install.packages(“FIT”, INSTALL_opts = “–no-multiarch”)

続きを読む

Northern glacial refugia and altitudinal niche divergence shape genome-wide differentiation in the emerging plant model Arabidopsis arenosa

Charles UniversityのKarol Marholdさんらとの共同研究の論文が出版されました。

Kolar F, Fuxova G, Zaveska E, Nagano AJ, Hyklova L, Lucanova M, Kudoh H, Marhold K (2016) Northern glacial refugia and altitudinal niche divergence shape genome-wide differentiation in the emerging plant model Arabidopsis arenosa., Molecular Ecology, in press.

続きを読む

Truncated yet functional viral protein produced via RNA polymerase slippage implies underestimated coding capacity of RNA viruses

北海道大学の薦田さんらとの共同研究の論文が出版されました。

Hagiwara-Komoda Y, Choi SH, Sato M, Atsumi G, Abe J, Fukuda J, Honjo MN, Nagano AJ, Komoda K, Nakahara KS, Uyeda I, Naito S (2016) Truncated yet functional viral protein produced via RNA polymerase slippage implies underestimated coding capacity of RNA viruses., Scientific Reports, in press.

続きを読む

Detection of diurnal variation of tomato transcriptome through the molecular timetable method in a sunlight-type plant factory

大阪府立大学の東さん、福田さんらとの共同研究の論文が出版されました。

Higashi T,  Tanigaki Y, Takayama K, Nagano AJ,  Honjo MN and  Fukuda H (2016) Detection of diurnal variation of tomato transcriptome through the molecular timetable method in a sunlight-type plant factory., Frontiers in Plant Science, in press.

 

続きを読む